« 今日の一枚。 | Main | 今日の一枚。 »

June 09, 2009

猫の過剰グルーミング。

0406

今から6年前、大和っちは転居による環境の変化などが原因で
お腹に500円玉ハゲを2つほどつくってしまったことがあります。
寂しかったり不安になると、お尻を床に付け座ったままの姿勢で
お腹を覗き込むように下腹部を執拗にグルーミングしてしまう
心因性の過剰グルーミングが500円玉ハゲの原因でした。

なぜ突然この話題かというと、私は猫の介護服を制作することを仕事としています。
1年を通して一番多く寄せられる相談が、この過剰グルーミングにより
禿げてしまったり、傷つけてしまった皮膚・被毛を保護したいというものです。
年間300名前後のオーナーさんから過剰グルーミングの相談を受けますが
これは氷山の一角で、このような症状で治療を続けている猫ちゃんと
オーナーさんはきっと、もっともっとたくさんいるのでしょう。

0274

毎年、梅雨入り前の天気が愚図つき始める5月下旬から
6月上旬が、過剰グルーミングのご相談件数が1年で一番多くなります。
湿気が多くなるので、湿疹などが出やすくなる季節なのかもしれません。
皮膚にトラブルがあり、皮膚病など原因が特定されている猫ちゃんは
獣医さんと相談しながら、投薬などで治療ができるのですが
私にお洋服のご依頼や相談をされる方の9割は、原因が特定できない
いわゆる心因性の過剰グルーミングと言われる症状で悩んでいるのです。

私は獣医でも、動物医療の現場で働いている専門家でもありませんが
実際に大和の過剰グルーミングを体験し、その後も同じ症状を抱える
猫ちゃんと暮らす方々から、たくさんのお話を聞く機会に恵まれました。
もしかしたら、この症状で悩まれている猫ちゃんとオーナーさんの
今後の治療の手助けになればいいなと思い、この記事を書いています。

0429

まず、心因性の過剰グルーミングは何らかのストレスにより
猫が心にダメージを受けます。それは、大和のように環境の変化により
気持ちが落ち着かなくなる場合や、近隣で工事が始まり大きな音が
することによるストレスなど、原因はさまざまです。
猫は緊張状態になったとき、自分の体をグルーミングすることで
心を落ち着かせますが、ストレスがかかり心にダメージを受けた場合
なかなか心は落ち着かず、心を落ち着けようと、延々とグルーミングを続けます。
結果、舐め続けられた被毛は、櫛状の舌によってはぎ取られハゲてしまったり
皮膚にまで歯を立て、傷を作ってしまうこともあります。

原因を探してそれを取り除いてあげると、ストレスが軽減され症状は緩和されます。
ただ、何がストレスを起こしたきっかけなのかが、分からない場合も非常に多いようです。
その為、原因を取り除くことができず、猫の症状は全く改善しないという状態で
オーナーさん自身も、かなりのストレスを抱えてしまっているのをたくさん見てきました。

猫ちゃんはなんらかのストレスでお腹をなめはじめ、過剰グルーミングが始まる
 ↓
それを見てオーナーさん悩みへこむ
 ↓
そのオーナーさんの気持ちを察して、猫ちゃん更にストレス

こんな悲しい悪循環が生まれてしまっているケースもありました。
猫はとっても飼い主の気持ちに敏感で、特に過剰グルーミングを
してしまうような猫ちゃんは、繊細で非常に感受性が豊かです。
過剰グルーミングで禿げてしまった患部がきれいになるまでは長期戦に
なります。その為、禿げてしまった猫が更にその患部を舐めているのを見ると
止めさせなくてはいけないと焦り、舐めることを制止するためにあげた声が
思いのほか大きくて、猫ちゃんがそれを怖いと受け止めてしまったり、不安になったり。
そんな猫ちゃんを見て、オーナーさんがより不安な気持ちになり
気持ちが顔に出ているのかもしれません。

0421

長期戦で、一進一退を繰り返す症状で、投薬などこれといった治療法もなく
経験した私もわかりますが正直しんどいです。
でも、そのオーナーさんの気持ちが、余計に猫ちゃんを追い詰めている場合も
ありますので、猫ちゃんに接するとき、猫ちゃんの眼の前でだけでも
笑顔でおおらかな気持ちでいてあげてほしいのです。

大和は半年ほどで完治しました。
洋服を着て患部をなめさせないのと、患部を舐めるようなしぐさをしたら
優しく名前を呼んで声をかける、遊ぶ、撫でる、大好きなおやつの時間にするなど
とにかくお腹を舐めることから気を逸らすようにして、楽しい時間を増やしました。
発症したのは6年前、その後もストレスに感じることがあるとお腹を執拗に
舐めるしぐさを見せますが、治療中同様楽しい時間に持って行くようにして
再発症することなく今に至ります。

完治の最大の勝因は、大和がストレスを撥ね退けたことと
以前に比べ、大和と私の絆が強くなったことです。
嫌いなもの、怖いものと大和が出会った時、必ず優しく大丈夫だよを
繰り返しているうちに、大和は苦手なものが減り、ストレスを抱えることが
とても少なくなりました。

0443

過剰グルーミングは、ある日突然始まります。
今、元気に楽しい毎日を送っている猫ちゃんは、小さなストレスが
その引き金を引いてしまうこともありますので、ストレスになりそうなものは
上手に回避して上げてほしいと思います。

先にも書きましたが、この季節に発症される猫ちゃんがとても多く感じています。
湿気による皮膚・被毛のトラブル以外に、猫は砂漠出身の祖先を持つことから
多湿な環境をストレスと感じることもあるようです。

立って生活している私たちに比べ、湿気を含んだ空気は重く床付近に
溜まるため、小さな体で低い場所で生活している猫たちは予想以上の
湿気に悩まされているのかもしれません。被毛が湿気を含んだとき、それを
乾かそうとグルーミングをしますが、湿度が高いといつまでも湿気を帯びたままで
不快に感じ、更にグルーミングを続けてしまうこともありますので、これからの
季節は除湿してできるだけ猫ちゃんが快適に過ごせる環境を作ってあげるのも
ストレス回避、今この症状で悩んでいる猫ちゃんには治療の一歩になるかもしれません。

自分の経験をもとに、過剰グルーミング対策のお洋服もデザインいたしました。
こちらのサイトで販売を行っております。

http://猫の服.jp/

文章を書くのが得意ではないので、読みにくい部分もあるかと思いますが・・・
1匹でも多くの猫ちゃんがこのような症状から解放され、楽しい毎日を送れる
きっかけになりますように。最後まで、お読みいただきありがとうございました。


2つのランキングに参加しています。
バナーをクリックしていただくと、それぞれのランキングに投票されます。

人気ブログランキングへ      にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ

いつも投票してくれる皆さんありがとうございます! また明日も遊びに来てね♪

★みんなのゴハン
朝・鶏ムネ(生) 野菜スープ オメガペット サプリ 
夜・馬(生) 豚レバー(加熱) 野菜スープ オメガペット サプリ
*野菜スープ 小松菜・人参・しいため

|

« 今日の一枚。 | Main | 今日の一枚。 »

Comments

いつもブログを見させていただいています。
過剰グルーミングによる「ハゲ」の話、大変ためになりました。
他人事ではないですものね。ウチのニャンも、以前、右足の付け根あたりの毛が薄くなったことがありました。
検査の結果、フードアレルギーかもということで、それからフードを変え、今ではハゲることはありません。
しかし、原因が特定できないというのは、飼い主としても対策がないので困りますね。
人も猫も、ストレスから解放されたいですね。

Posted by: myaumyau | June 10, 2009 at 06:07

猫ちゃんの心は主人の心を映す鏡のようですね。こちらが怒っちゃだめだなと思いながら怒るとその重い気持ちを猫ちゃんたちはそのまま受け取りますよね。そんなとき一番わたしも心が痛みます。keiさんのお家ではみんなの表情を見ているとうまくコミュニケーションが取れてるのがよくわかります。

Posted by: びあんか | June 10, 2009 at 10:07

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今日の一枚。 | Main | 今日の一枚。 »